■マルチディスプレイ

昔は、アナログな紙の資料を見ながらパソコンで資料作成。現在はデジタルデータを見ながら、コピー&ペーストして資料作成する方が効率が良いですね。

趣味の時間を除き、業務で効率を上げるには、ディスプレイは一つでは足りないでしょう。効率の良いマルチディスプレイ化とはどんな物でしょうか?

●デュアルディスプレイ化

簡単です。ディスプレイとケーブルをもう一つずつ買えばいいだけです。

基本的にノートPCを含んだPCは、2画面までは出力できるようになっています。又、デスク上にディスプレイを2つ並べるのは容易であり、ディスプレイを固定するアームなどは必要ありません。

デュアルディスプレイ

●購入するケーブルは・・・

昔のタイプであれば、RGBケーブル
現在の大部であれば、HDMIケーブル

 

●マルチディスプレイ化

マルチディスプレイ

●なぜマルチディスプレイ(3画面以上)が必要なのか?

多くの情報を見てアクションする必要がある人達

・メンテナンス部門
各企業内のシステムの稼働状況、河川の状況、監視カメラの状況など、あらゆる保守部門においては状況をウォッチするマルチディスプレイが必要となります。

・デイトレーダー
日経平均の指数取引、FXにしても、外部環境(中国・原油・EU市場・NY市場)に相関して動いていき、売りや買いをのアクションをとる必要があります。

・weebクリエーター
情報をウォッチしてではなく、情報(パーツ)を作りながら、微調整しながら、一つにまとめるという観点で、マルチディスプレイが必要となります。

●マルチディスプレイ化するには・・・

パソコンを増やす事により実現可能ですが、それでは、ソフトウェアがパソコン分必要になったり、管理に手間が掛かったりして効率が悪い。

基本は・・・

①グラフィックボードが変更可能なデスクトップPC
グラフィックボードの変更
③同じディスプレイの購入
④ディスプレイアームの購入
 が必要となります。

 

①デスクトップパソコンを選ぶ

ノートPCや省スペースPCでは、グラフィックボードの交換が出来ない為、デスクトップPCを選択する事。

②グラフィックボードの変更

パソコンの画面出力を増やす為にはグラフィックボードを変更する必要があります。多画面グラフィックボードも価格はピンキリで、ゲームマニア用の画像レスポンスの高いものは異常に高く、レスポンスの低い物は結構安い。購入したのは、”玄人志向 ビデオカード Geforce GT730搭載 ロープロファイル 4画面出力対応 GF-QUAD-DISP/4DVI/LP”。14,000円(ぐらいだったでしょうか。

玄人志向 ビデオカード Geforce GT730搭載 ロープロファイル 4画面出力対応 GF-QUAD-DISP/4DVI/LP

玄人志向 ビデオカード Geforce GT730搭載 ロープロファイル 4画面出力対応 GF-QUAD-DISP/4DVI/LP

③ディスプレイの選択

縁の大きいディスプレイでバラバラな機種であると、かなりみずらい。縁の小さいディスプレイで同じ機種を選択する事。2015年当時、縁の小ささ・価格でベターだったのがPHILIPS234Eだった。2万円強でしたかね。

④ディスプレイアームの選択

見ている途中で画面の位置や角度を変える必要のない場合は、棒状のシンプルな物を複数選択したほうが良いでしょう。(シンプルなのは安く、位置や角度調整可能な物はかなり高い)

ディスプレイアーム

 

Update 2015/04/01  Update 2015/01/15

 

 

関連記事


■ディスプレイを4画面以上にする方法

ディスプレイは多いほど作業効率は上がりますよね。ディスプレイを4画面以上にする方法は? どの位お金がかかる? など

4画面ディスプレイ

  

このページの先頭へ